お肴春秋
new
5eb65b70bd2178650093cb54 5eb65b70bd2178650093cb54 5eb65b70bd2178650093cb54 5eb65b70bd2178650093cb54 5eb65b70bd2178650093cb54

お肴春秋

残り2点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

著:辰巳芳子 出版社:岩波書店 216ページ 181㎜×135㎜ ハードカバー 924年生まれの料理研究家、随筆家の辰巳芳子さん。白髪を綺麗にまとめ、真っ白いエプロンをまとう姿はきりりとして、とても90歳を過ぎておられるとは思えません。 その辰巳さんの「酒の肴づくりは、文化を生きる人間の、もっとも洗練された表現行為なのではないか」という気づきから生まれた本。 料理上手な母手製の酒の肴が毎晩食卓に並ぶ家庭で育った辰巳さん。春なら筍の木の芽和え、夏は蚕豆(そらまめ)、秋は炒り銀杏、冬には揚げ零余子(むかご)…。夢のような環境の中、その遺伝子はちゃんと娘に伝わったようです。 易しく作れる酒の肴も写真入りで紹介されていますが、その美味しそうなこと!(艶々したぬか漬け、食べてみたい!!) お酒を嗜まない方にも楽しんでいただけます。