ひとりを愉しむ食事
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

ひとりを愉しむ食事

残り2点

¥2,750 税込

送料についてはこちら

著:有元葉子 出版社:文化出版局 127ページ 246㎜×190㎜ ハードカバー 人生初の"自分のための"食事作りを愉しんでいる有元葉子さんからの食の提案。 決め手となるのは、どちらが愉しいか心地よいか 目で鼻で舌で音で舌触りで、五感プラスアルファで感じる 「玄米とお漬物ですませる日も、ビーフシチューの日も、食事はいつも美味しく美しくありたい。人に見られなくても美しく紅葉する木々のように」という有元さん。私たちも、せめて自分を喜ばす気持ちを忘れずにいたいですね。