小さな声、光る棚 -新刊書店Titleの日常-
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

小さな声、光る棚 -新刊書店Titleの日常-

残り2点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

著:辻山良雄 出版社:幻冬舎 240ページ 195㎜×135㎜ ソフトカバー 荻窪の本屋Title店主の日常と日々思うこと。 「コロナ禍の書店」の章では、改めて本屋の在り方に向き合うことになった著者の心の揺れも感じられます。同じ本屋として著者の言葉にうなずいたり考えさせられたり。 写真家 齋藤陽道さんの写真が、街と本屋のさりげない風景を切り取って美しく、ほっとさせられます。